キャリア教育プログラム受講規約

 
トップ > キャリア教育プログラム受講規約

キャリア教育プログラム受講規約

プレイフルキャリア研究所(以下「当事業者」といいます)が提供するキャリア教育プログラム(以下「本プログラム」といいます)のご受講にあたっては、下記の受講規約(以下「本規約」といいます)についてご承諾の上でご受講いただきますようお願いいたします。

(定義)
第1条 本規約において使用される各用語の定義は、以下に定めるとおりとします。
(1)「当事業者」とは、プレイフルキャリア研究所をいいます。
(2)「本ウェブサイト」とは、ドメイン名が(playful-career.com)である、当事業者が運営するウェブサイト全体をいいます。
(3)「キャリア教育プログラム(以下「本プログラム」)」とは、当事業者が、受講者に対して提供する、主にキャリア発達上の教育テーマに関する一切のプログラムをいいます。
(4)「受講者」とは、本規約を承諾の上で本プログラムの受講を申し込み、当事業者が本プログラムの提供を承諾した方をいいます。
 
(適用)
第2条 本規約は、本プログラムの受講に際し、受講者と本プログラムの運営者である当事業者の間に適用されるものとし、受講者は、本プログラムを受講するにあたり、自己の責任において本規約を誠実に遵守するものとします。
2 受講者は、理由の如何を問わず、本プログラムを受講したことをもって本規約に同意したものとみなされます。
3 当事業者は、受講者に事前の承諾を得ることなく、本ウェブサイト上で告知、あるいは当事業者が適当と判断する方法で受講者に通知することにより本規約を変更できるものとします。この場合、本プログラムの受講条件は、変更後の受講規約によります。
4 本プログラムの提供において利用する、通信システム、イベント管理システム、決済システムなど、本事業者以外の事業者が提供しているサービスについては、当該サービス事業者の規約が適用され、本規約は適用されません。
 
(申し込み・受講)
第3条 受講者は、本ウェブサイトなど当事業者が指定する方法に従って、本プログラムの受講を申し込むものとします。受講者は必要に応じて申し込み内容につき真実かつ正確なデータを申告するものとします。
2 当事業者から、本プログラムの受講予約が確定したことを明記した電子メールなどによる告知を発信した時点で、受講者と当事業者との間に本プログラムに関する受講契約が成立するものとします。
3 受講者は、本プログラムの申し込みや受講の際に発生する情報通信機器等による電子メール受信、ウェブサイト閲覧、その他の通信の際に必要な一切の通信機器の準備及び費用に関し、各自が負担するものとします。
 
(受講料金・決済方法)
第4条 本プログラムの受講代金は、当事業者が別途定め、本ウェブサイトやイベント管理システムなどに表示した料金表のとおりとします。
2 受講者は、当事業者指定の決済方法、またはイベント管理システムが指定した決済方法による決済について、事前に同意するものとします。また、受講者と当該システム提供事業者との間で紛争が発生した場合は、当該当事者双方で解決するものとします。
 
(中止・変更)
第5条 当事業者は、本講座の運営上やむを得ない場合には、受講者に事前承諾なく本講座の運営を中止・中断できるものとします。
2 前項に該当する場合には、返金の処理をすることとします。クレジットカードによる決済の場合は、決済を取り消しますが、クレジットカード会社が既に決済を行い、請求額が引き落とされた後の場合、その翌月にマイナスのご請求によりクレジットカード会社から返金となる場合があります。
 
(キャンセル)
第6条 受講者の都合により、予約確定後に本プログラムの受講をキャンセルする場合、当事業者が定める方法にて行うものとします。
2 前項に該当する場合、当事業者が定め、本ウェブサイトなどに表示した規定に基づき、料金の全部または一部をお支払いいただく場合があります。
3 当事業者以外の第三者が運営するイベント管理システムなどを通じて受講申し込みをしていた場合は、当該システムの運営事業者が定める規定により、別途手数料などの料金が発生する場合があります。
 
(留意事項)
第7条 当事業者は、本プログラムについて録画、撮影及び録音することがあります。撮影した映像、音声及び写真等は、受講者が写りこんだものも含め、当事業者が行う営業活動・広報活動等において使用する場合があります。受講者が、自身が写りこんだ素材が使用されることで不利益が生じる場合には、その旨を予め当事業者に申告することとします。
2 受講者は、本プログラムの受講中、貴重品は必ず手元に置き、盗難・紛失には十分注意するものとします。本プログラムの開催会場で起こった盗難・紛失であっても、当事業者は一切の責任を負わないものとします。
3 受講中に大地震等が発生した場合の受講者の避難については、当事業者の指示に従うものとします。
 
(秘密保持)
第8条 受講者は、本プログラムを受講するにあたり、当事業者によって開示された固有の技術上、並びに他の受講者より開示されたそのプライバシーに関わる情報を秘密として扱うものとし、これらの情報を使用し、または第三者に開示することを禁じます。
 
(著作物など)
第9条 本プログラムの受講において受領したテキスト等の著作物(以下「本著作物」という)に関する著作権及びその他知的財産権は当事業者に帰属し、受講者は当事業者の事前承諾を得ずに、これらを侵害する以下の行為を行うことを禁じます。
(1)本著作物等の内容を、自己または第三者の名をもってウェブサイトに掲載するなど、インターネットを通じて公衆に送信する行為。
(2)本著作物等の内容を、引用の範囲を超えて自己または第三者の著作物に掲載する行為。
(3)私的利用の範囲を超えて、本著作物等を複製・改変等して第三者に配布する行為。
(4)その他、本著作物等の著作権及び知的財産権を侵害する行為。
 
(禁止事項)
第10条 受講者は、以下の行為を行ってはならないものとします。該当する場合には、当事業者は、本プログラムの受講を取消または解除、履行停止および受講者情報の抹消、受講申し込みの不承諾等、その他適切な措置を取ることができるものとします。
(1)受講申し込みの際に虚偽の内容を入力あるいは申請する行為。
(2)本プログラムに関する情報を改ざんする行為。
(3)公序良俗に反する行為、その他法令に違反する行為、またはそれらのおそれのある行為。
(4)本プログラムの運営を妨げ、その他本プログラムに支障をきたすおそれのある行為 。
(5)クレジットカードを不正使用して本プログラムを受講する行為。
(6)他の受講者、第三者または当事業者に迷惑、不利益、もしくは損害を与える行為、またはそれらのおそれのある行為。
(7)他の受講者、第三者または当事業者の著作権等の知的財産、プライバシー・人権その他の権利を侵害する行為、またはそれらのおそれのある行為。
(8)メールアドレスおよびパスワード等個人認証情報の不正使用、譲渡または貸与行為。
(9)当事業者の許可なく本プログラムを録画、撮影、録音する行為。
(10)本プログラムの受講または提供を妨げる行為。
(11)その他、当事業者が不適当と判断する行為。
2 前項に該当する事由により、受講者が本プログラムの受講を中止した場合、受講料は返金しないこととします。
 
(反社会勢力の排除)
第11条 受講者は、反社会的勢力(暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者をいいます)に該当しないこと、また暴力的行為、詐術・脅迫行為、業務妨害行為等違法行為を行わないことを、将来にわたっても表明するものとします。かかる表明に違反した場合には、異議なく本プログラムの提供の終了を受け入れるものとします。
 
(通知等)
第12条 当事業者は、本プログラムに関し、本ウェブサイトの表示その他当事業者が適当と判断する方法により、受講者に対し、随時プログラムの提供を行う上での必要事項を通知します。
2 前項の通知は、当事業者が当該内容を本ウェブサイトに表示した時点、もしくは当事業者が適当と判断する方法により受講者に告知した時点から効力を発するものとします。
3 本プログラムに関する問い合わせ、その他受講者から当事業者に対する連絡または通知は、当事業者の定める方法で行うものとします。
 
(責任の制限)
第13条 当事業者は、本プログラムに係る情報の正確性および品質について万全を期すものの、常に正しくすべてのものに有効であるとは限らず、必ずしも受講者の問題を完全に解決することを保証するものではありません。また、本プログラムによる効果は、受講者の置かれている環境やパーソナリティ、受講者の心身の状態など複数の要因により影響されるため、個人差が認められることがあります。本プログラム受講の結果、万が一受講者が不利益を被ったとしても、虚偽または悪意をもって情報提供が行われた場合を除き、受講者の自由な選択、判断、意思に基づき情報の受講がなされたとみなし、当事業者は当該不利益について一切の責任を負わないものとします。
2 当事業者は、受講者が使用するいかなる機器およびソフトウェアについて、動作保証は一切行わないものとします。
3 当事業者は、受講者が提供する情報内容等について、いかなる保証も行わないものとします。
4 受講者は、本プログラムの受講によって当事業者もしくは第三者に損害を与えた場合または第三者との間で紛争が生じた場合には、自己の責任と負担により解決するものとします。
 
(廃止)
第14条 当事業者は、事業運営上やむを得ない場合は、受講者に何ら通知することなくプログラムの全部もしくは一部を変更し、または一時中断することがあります。また、一定期間の通知の上で、プログラムの全部または一部を終了することがあります。
 
(個人情報の取り扱い)
第15条 当事業者は、別途定める「個人情報保護方針(※)」に従い、受講者の個人情報を適切に管理します。
※https://playful-career.com/summary.html#privacypolicy
 
(協議解決)
第16条 本規約に定めのない事項は、日本の法令の定めに従い、受講者と当事業者の間において、互いに誠意をもって協議し解決することとします。
 
(管轄裁判所)
第17条 万が一、本プログラムの受講に関して、訴訟の必要が発生した場合、日本国が定めた法令に準拠し、東京地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所として処理するものとします。
 

制定:2019年6月1日